スポンサードリンク

2010年02月08日

契約社員が失業保険をもらえるかどうかは、雇用保険に加入していることが大前提となりますので、給与明細に「雇用保険料」の天引きがあるかを確認してください。

契約社員の中には、専門職としてプロジェクトごとに契約をしたり、定年後も嘱託として務める場合などいくつかの形態があります。
契約社員と正社員の違いで大きなところは、やはり雇用契約の期間でしょう。正社員が期間を定めない(定年まで)のに対して契約社員は1年など期間ごとの契約の場合がほとんどです。
契約社員のメリットとしては、スキルによって評価をされるので特殊なスキルを持っていると給与が高くなるという点があります。
ただし、契約社員として働く場合は後から話が違うなどということの無いように、契約書をしっかりと確認し、口約束だけで契約をしてしまわないようにしましょう。
契約社員のデメリットには、今の仕事が終わった際に次の仕事を探さなければならないという不安は常にあります。
契約社員でも社会保険に加入できることを知らない人もいるようですが、定められた勤務時間を満たすことで一般被保険者とみなされます。
契約社員はボーナスとは無縁と思っている人も多いと思いますが、ある集計センターのデータによると契約社員の6割程度はボーナスが支給されているとのことです。
さて、契約社員が中途退職する場合、「やむを得ない場合」ならば解約も可能です。ただし、仕事がイヤなどの理由では会社側は契約の履行を求めることができます。
契約社員が失業保険をもらうためには、雇用保険に加入している期間が1年間で6ヶ月以上あることが条件とされます。
契約社員の募集を探すのなら、ネットで業種や勤務地などを登録すれば紹介してくれるサービスもあるので試してみるとよいでしょう。
契約社員の面接の場合、ダークスーツが無難です。学生でないのならリクルートスーツはかえって浮いた印象をもたれることもあります。
契約社員を募集している企業を探す場合に、契約社員採用という表示の企業もあるので覚えておいてください。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員でボーナス at 13:00| 契約社員とボーナス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員で完全ボーナス!契約社員に完全ボーナスを TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。